技術部門と連携してフレキシブルに対応する。それが中野冷機の営業の特長であり醍醐味である。冨山 大介

大阪支店ではどのような仕事に取り組んでいるのですか?

冨山 大介大阪支店では、西日本エリアを対象に営業や施工・保守、メンテナンスなどの業務を展開しています。私たち営業チームも主に西日本が担当エリアとなりますが、基本的にその活動は本社の営業部と変わりありません。私は、いくつかの食品スーパーマーケットチェーンを担当し、お客様の本部の店舗開発部門などを対象に営業活動を進めています。
お客様への提案 → 受注 → 技術部門などとの仕様の調整 → 施工監理 → アフターフォローというのが仕事の大きな流れです。そのすべてのプロセスにおいて、私が心がけているのはスピーディーな対応。お客様からの問い合わせなどについても、可能な限りその日のうちに回答するようにしています。その小さな積み重ねがやがて大きな信頼に結びつくのです。

どんなときにやりがいを感じますか?

冨山 大介中野冷機では、お客様からの要望に対して、技術部門などと連携して柔軟にきめ細かく対応することができます。それが営業としてのやりがいであり醍醐味ですね。また、製品の品質が高く、施工、メンテナンスの体制も充実していて、自信をもって営業を進めることができる。これも、中野冷機の大きな特長だと思います。
じつは私は生真面目な性格で、入社してしばらくはいろいろ悩んだ時期もありました。そんなある日、お客様の担当者から「冨山さん、楽しくやろうよ!」と声をかけられ、肩の力が抜けました。以来、自分なりの営業スタイルを大切にし、楽しんで仕事と向き合うようにしています。

これからの目標を教えてください。

中野冷機では、地域によっては特約店様を介したビジネスも展開しています。私は昨年から、この特約店様ルートの営業も任されるようなり、また新たな経験を積んでいる最中です。
中野冷機の営業は、製品の仕様決めから施工やメンテナンスまで担当する幅が広く、それだけに多様な知識が求められます。まだまだ経験すべきことはたくさんあり、とても奥の深い仕事だと感じています。誠実さ、素直さをモットーに、これからも突き進んでいきたいと思っています。

Message / 就職活動中の皆さんへのメッセージ

中野冷機は、ひと言でいうなら、真面目な会社。お客様のことをいつでも真剣に想っている会社です。また、営業と開発、施工など部門間の距離がとても近く、ダイレクトに一体感をもって仕事に取り組めるのも大きな魅力だと思います。

冨山 大介