二つとして同じ提案はない。そこが、大型冷凍・冷蔵設備の営業の醍醐味です。大橋 裕樹

現在どのような仕事に取り組んでいるのですか?

大橋 裕樹私が所属するエンジニアリング営業課では、物流センターや食品工場を対象とした大型冷凍・冷蔵設備の営業を行っています。食品卸売会社や食品メーカーなどが主なお客様です。当社の製品は流通や食品などの業界での認知度が高く、お客様からの打診があって、それに対応して提案を行うというのが基本的な営業の流れです。もちろん、そうしたビジネスの基盤づくりのために日頃からお客様を訪問する機会は多いですが、飛び込みといったスタイルの営業は基本的にありません。

営業をしていて感じる中野冷機の強みは?

大橋 裕樹工期の長い大型案件が多く、ほとんどの場合、他社との競合提案という形になります。そのような中での当社としての強みは、大型冷凍・冷蔵設備の設計から施工、メンテナンスまで自社でトータルに対応できるということでしょう。
最近、有力だった他社に競り勝って獲得した大型案件がありました。そのお客様は、当社との取引が初めてのこともあり最初戸惑っていた様子でしたが、最終的には提案から設計、施工まで当社の対応にご満足いただき、「中野冷機に任せてよかった」という言葉をいただきました。こんな時こそ、営業としての大きなやりがいを感じますね。

どんな時に自分の成長を実感しますか?

私が扱う大型冷凍・冷蔵設備は、あらかじめ決まった製品があるわけではなく、お客様それぞれのニーズに応じて毎回カスタムメイドのように設計して提案をします。それだけに、営業にも専門的な知識が求められ、新人の頃はわからないことが多く「社に持ち帰って検討します」という言葉ばかり使っていたような記憶があります。
経験や知識が増えて自信が出てきたのは入社数年後くらいでしょうか。そうなるとお客様も自分を信頼してくれて、いろいろ専門的な相談をしていただけるようになり、どんどん仕事が面白くなってくるのです。
お客様を取り巻く環境も設備に関わる技術も変化し続けており、入社十数年が過ぎた今でも学ぶべきことは数多くあります。営業としてチャレンジすべきことも多く、これからもさらに成長していきたいと思っています。

Message / 就職活動中の皆さんへのメッセージ

熱意と積極性があれば、どんな会社に入っても自分の力でよい職場環境をつくっていけるのではないでしょうか。「人間関係で悩む」という話をよく耳にしますが、当社の場合はとても風通しがよい環境ですので、そんな心配は不要だと思います。

大橋 裕樹