会社全体を見渡して、経営に近い視点から仕事にチャレンジするように心がけている。木村 滋

現在どのような仕事に取り組んでいるのですか?

木村 滋中野冷機における、お金にかかわることすべて――。ひと言でいうならば、これが私たち経理部の役割です。売上や支払い、残高などお金の動きの管理、それらの数字の取りまとめ、経営のための資料や外部に公表する有価証券報告書などの作成、さらには法人税などの税務まで、その業務はじつに多様です。
中野冷機の経理部では、これらの仕事を数名の社員で担当しています。その意味では大規模な会社の経理マンよりも、求められる知識や経験の幅はずっと広いのではないかと感じています。

中野冷機における経理の面白さとは?

木村 滋私は入社以来ずっと経理部一筋で仕事に取り組んできました。出納業務やグループ会社の経理業務支援などでひと通りの経験を積み、最近では月次、四半期(3ヵ月ごと)、年度末の決算の取りまとめを任されています。月次決算書は、会社の現状を分析する資料として役員をはじめ管理職に配布しています。また、四半期や年度末の決算書は外部に公表し、社会からの信頼を得るためにとても重要な役割を果たしています。
出納業務を担当していた頃は各部門の業務に密着した視点でした。ところが、決算に携わるようになると、もっと高い視点が必要となります。会社全体を見渡して、経営に近い視点で仕事に取り組めること。これが経理という仕事の魅力だと感じています。また、お金の動きに関わる経理は、中野冷機と社会との信頼関係を守るためにも非常に重要な役割を果たしているのです。

これからの目標を教えてください。

どんな仕事でも同じですが、現状に満足してしまっては進歩はありません。財務や税務に関わる制度や法律は変化を続け、経理の業務では常に新しい知識が求められます。未知の仕事には、ひるむことなくいつでも積極的に挑戦するように心がけています。
そのような気持ちで経理の仕事を見渡すと、まだまだチャレンジすべきテーマは数多くあると思います。営業や製造など他部門における、財務の視点からの改善サポートもそのひとつ。さらにチャンスがあれば、将来は経理のエキスパートという立場から全社的な改革にも携わってみたいと考えています。

Message / 就職活動中の皆さんへのメッセージ

就職活動では、視野を狭めず、ときには視点を変えてみることも大切ではないのでしょうか。私自身、そうして中野冷機と出会うことができました。中野冷機は、製品の品質ばかりなく、財務も健全で企業としての品質もとても優れた会社だと思います。

木村 滋