製品を完成させて、品質をチェックする。それが「出荷準備」という仕事です。川名 茂

「出荷準備」とはどのような業務なのでしょうか?

川名 茂いくつかある製造工程の中でも最終のパートを受け持つのが、私が所属する出荷準備グループです。自動車でたとえるならばボディが搭載されていないような状態の半製品に外装品やオプション部品を取り付けて完成させます。
また、外観検査や電気検査など最終テストを実施するのも出荷準備グループの仕事。私たちの手を離れた製品がそのまま出荷されて、スーパーマーケットやコンビニエンスストアに設置されるわけで、当社の製品の品質を守るとても重要な役割を任されているのです。

現在どのような仕事に取り組んでいるのですか?

川名 茂私は、この出荷準備グループの中でも、部品の手配や製造ラインのスケジュール管理などの業務を任されています。あらかじめ必要となる部品を手配し、状況を見ながら製造ラインへと部品を運んで、ラインが円滑に流れるように準備します。また、製造の計画づくりやスケジュール管理も担当しています。
さらに、ライン全体を見渡して、滞っている作業などがあれば組立などもサポート。私は入社以来出荷準備グループでさまざまな業務に携わり、現在、その経験が大いに役立っています。

これからの目標を教えてください。

部品の手配や製造ラインの計画をスムーズに進めていくためには、製造部門ばかりでなく、技術や営業、資材など社内の各部署との連携が重要です。新人の頃はコミュニケーションが苦手だったのですが、最近、部門外の人と接する機会も増えて、だいぶ自信がついてきました。今後はこのようなやりとりを通じて、当社の製品に関わるさらに幅広い知識を身に付けていきたいと思っています。
当社の工場には、緊張感がありながらも、いつでもお互いをサポートし合ってみんなで頑張っていこうという雰囲気があります。これからは自分が培ってきた経験を活かして、後輩たちの人材育成にも力を入れていきたいですね。

Message / 就職活動中の皆さんへのメッセージ

当社は、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなど身近なお店で使われ、環境にも優しい製品を生み出しています。頼りになる上司や先輩たちもたくさんいます。高品質なものづくりに取り組み、一緒に社会に貢献していきましょう。

川名 茂