企業情報

会社沿革

1917
(大正6年)

東京市麻布区新広尾町に、故中野留吉が鉄工所を創設。

1946
(昭和21年)

新型アンモニア式冷凍庫を製造販売。
また、アイスキャンディー・アイスクリーム製造装置も大量に製造販売。

1946(昭和21年)

1954
(昭和29年)

我が国初の「溶接構造ステンレスサービスショーケース」を開発。

1954(昭和29年)

1965
(昭和40年)

大型連結オープンショーケースのシリーズ化に着手、完成。

1965(昭和40年)

1974
(昭和49年)

冷凍・冷蔵設備と空調設備を一体化した
総合環境管理システム「TECシステム」を開発。

1974(昭和49年)

1983
(昭和58年)

冷凍機の本格的電子化
電子圧力コントローラーを開発。

1983(昭和58年)

1986
(昭和61年)

大型連結式オープンショーケースのフルモデルチェンジ。
肉・鮮魚用高鮮度ショーケース「スーパーマスター」を開発。

1986(昭和61年)

1987
(昭和62年)

東海道新幹線ひかり号のカフェテリア専用ショーケース開発。

1993
(平成5年)

機械室不要の冷凍庫「エコノノチェスト」の開発。

1987(昭和62年)

1996
(平成8年)

新型オープンショーケース「NEWアルファシリーズ」を開発、発表。

1996(平成8年)

1998
(平成10年)

冷蔵用省エネ集中型屋外ユニット「NEW TRCシステム」を開発。

1998(平成10年)

2002
(平成14年)

新冷媒R404A対応、新型催事スポットケースを開発、発表。

2002(平成14年)

2004
(平成16年)

新型オープンショーケース「フレッシェン Gシリーズ」を開発、発表。

2004(平成16年)

2005
(平成17年)

新型店舗総合省エネ制御機器「センサム セイバー」を開発、発表。

2008
(平成20年)

冷凍食品・日配品・飲料用LED照明付
オープンショーケース、リーチインショーケースを開発、発表。
(写真はリーチインショーケース)

2008(平成20年)

2010
(平成22年)

アイスクリーム・冷凍食品用
引き戸付きアイランド・ショーケースを開発、発表。

2010(平成22年)

2014
(平成26年)

新型リーチインショーケースGB9RL,GS9RLタイプを開発、発表。

2014(平成26年)

2016
(平成28年)

新型オープンショーケース「ESシリーズ」を発表。

2016(平成28年)